映像や音楽など、たくさんの情報で溢れている現代
そんな忙しない日常の中で 
声だけでイメージを伝える朗読の世界
 
聴く者を作品の世界へ誘う朗読は
あなた自身が描くあなただけの想像空間です
 
光圀や源氏物語、芥川の羅生門や、江戸川乱歩の黒蜥蜴
これまで演じた作品は数知れません
 
朗読は、素晴らしい魅力に溢れています
どうぞ一度 ご来場いただけたら嬉しく思います
 
これからも、たくさんの作品を世に送り出すべく
心を込めて朗読をして参ります

朗読劇 怪談 「真景累ケ淵」

明治期の落語家三遊亭圓朝原作の怪談話の朗読劇
針医兼高利貸の皆川宗悦が酒乱の深見新左衛門に殺されることに始まる怪談話です。宗悦の娘園と豊志賀,深見の息子新五郎と新吉は互いに仇敵とも知らず情痴に狂います。舞台は江戸から下総の累ヶ淵に移り,これら因縁にあやつられた人びとの陰惨怪異の姿。とくとお聞きください。

日時

2021年11月13日(土)

10:30〜/13:30〜(開場30分前)

朗読 

森本勝海・寺門幸子・藤原ゆみ子

チェロ 

伊藤修平

会場 

レストランよこかわ(水戸市大町2丁目3−22)

料金  

3,000円(コーヒー&ケーキ付き)

お申し込み 

寺門090-2551-3835

img20190608154020212676.jpg img20190608154007146933.jpg img_4619.jpg img_4662.jpg img_4607.jpg

活動について